マンスリーアーカイブ


2011年10月06日

久々の北海道

9月の連休は2年ぶりに、両親の暮らす北海道へ行ってきました。



両親は札幌在住ですが、この馬のシルエット写真は千歳空港から30分程度の苫小牧近く。馬や牧場好きの私を千歳へ送りがてら父が連れて行ってくれました。

ちょうど北海道は秋の気配。コスモスがきれいらしいと母と一緒に札幌の滝野すずらん公園へとくりだしました。



少し時期が早かったのですが、この日は晴天の上とてもきれいな雲が浮かんでいて、空だけで絵になるといった感じでした。



 



                   

黄花コスモスとチョコレートコスモスは満開。

私としては馴染みのあるチョコレートコスモスですが、一般的にはあまり知られていないようです。母も「ほんとにカカオの香りがする!」と、驚いていました。

広大な滝野すずらん公園はテーマごとにいろいろなお庭の情景が描かれていてとても素敵です。自然を生かした雑木林風の小道ではこびとのようなシクラメンを見つけて感激。



 



  

昆虫たちはいつもこんな風景を眺めているんでしょうね・・・。きれいな世界。



こんなにきれいなピンク色のトンネルが目の前にあったら入りたくなりますよね。

すずらん公園というからにはすずらんの季節に来てみたいものです。でも、この辺りにすずらんがいっぱい咲くんだぁ・・・、という場所は確認できました。



それは、白いベルのような花は姿を変えビー玉ほどの大きさの赤い実になり、あたり一面に広がっていたからです。恥ずかしながら、すずらんにこんな大きな実がなるとはこの日まで知りませんでした。

北海道は当然冬が長く、あたり一面真白な時期が長いせいかさわやかな色が溢れるこの季節をとても大切にしているような気がします。この日も、青空と太陽に誘われて近隣の方だと思うのですが、たくさんの家族連れがピクニックに来ていました。芝生の上でお弁当を食べたり、子供たちと一緒に縄跳びをしたり暖かい光景が広がっていました。

私自身も常に小走りのような日常を離れ、母とこんな風に目的なくのんびりただ散歩をする、といったことがそう言えばあまりに久しぶりだったことに驚きながら、離れている分これからは意識的にこういう時間を持たないとなぁと感じた次第です。



最終日は犬と馬と森林浴。

苫小牧の森の中に乗馬施設があり、森を馬に乗りながら散策できるのですがこのボーダーコリーは先導犬。「こっちこっち!」と、案内をしてくれるわけです。長い長い直線では猛ダッシュでせかされます。馬も犬たちに追いつこうと嬉しそうに走り出し、少しくたびれた頃にこんな素敵な場所に連れて行ってくれました。



ここは湧き水の小川。



この日、私を乗せてくれたダンディーもここでおいしいお水をたっくさん飲みました。

花、森、馬、時間に癒され、新鮮な空気が体中にかけめぐった数日間でした。

2011年10月21日

そろそろ冬支度・・・??

だいぶ涼しくなり、秋の気配、冬の気配といったこのごろですね。

私たちはもうずいぶん前からクリスマスの準備をしていますよ。



少し前には、今年の日比谷花壇Winter Giftカタログの撮影があり、こちらはカタログの表紙になる予定です!お花でできたモミの木の森を歩くシカの親子。キャンドルを灯してとてもロマンチックでしたよ!



この素敵な写真は、いつも私や他のデザイナーたちが企画した商品の商材が滞りなく納品されるようにいろいろとバックアップしてくれている『縁の下の力持ちさん』が撮ってくれました。



素敵な商品がずらりと並ぶWinter Giftカタログは11月の中旬頃から日比谷花壇店頭でお配りしますので、ぜひお立ち寄り下さい。



先週末はクリスマスにちなんだ工作にいそしんでいました。



ブログのきれいな写真でみなさんにもおなじみ、同僚の福井デザイナーが教えてくれたユニセフさん主催の『祈りのツリーproject』の為のオーナメント作りです。




被災地の子どもたちの幸せを祈って、みんながデザインしたオーナメントを飾った「祈りのツリー」をこの冬、被災地の幼稚園や保育園に贈るのだそうです。また、東京都内にも「祈りのツリー」が誕生し、オーナメントのチャリティー販売を行うとのこと。



このプロジェクト、とても良く考えられているのです。例えば、「私もぜひ参加してみたいけど、もの作りは小学生の図工の時間以来。全て手作りは自信がない・・・。」「私自身、子供もまだ小さいし材料を買い揃えたり、あまり長い時間をかけられないな・・・。」そう思い、尻込みしてしまう人も多いと思うのです。けれど、このオーナメント作り、気持ちがあればヒョイッ!と参加できるような工夫がされていました。



まずはサイトから、参加の申し込みをします。その際、ツリー、サンタの靴下、トナカイ、ボール、家、この5種類の形の中から好きなものを1つ選ぶとその形にかたどられたボール紙の台紙が無料で自宅まで送られてくるのです。それを切り取り組み立てればベースは完成!後は好きなように色を塗ったりリボンをつけたり・・・。家に中にある、手芸用品の残りでもアイディア次第でとっても素敵なオーナメントに仕上がりそうです。





私はツリーとトナカイを選び、画材屋さんでアクリル絵の具を少しと、手芸屋さんで可愛い絵柄つきのテープ、ボンボン、レースなどを少しづつ購入し制作してみました。





2000人が参加したこのオーナメント作り、きっとユニークで色とりどりでたくさんの祈りが込められて被災地のツリーを演出してくれるのではないでしょうか・・・。

子供たちに笑顔と幸せを・・・。