マンスリーアーカイブ


2015年3月26日

今年の一押し花材、ラナンキュラス・ラックスアリアドネ…。

3月は春本番。春の代名詞のような花たちとの撮影に連日大忙しでした。





5月頃に発売予定のHIBIYAKADAN-SWEETSの新作スイーツのパッケージ撮影の様子。



全容はまだお知らせできませんが、花畑をイメージした愛らしく繊細な花たちをたっぷり使用。





中央のシルクのような花はラナンキュラスです。



ラナンキュラスの中でも最近人気の品種『ラックスアリアドネ』シルキーな質感は本当に美しくメタリックな輝きを放っています。そして、とってもとっても長持ち。小さなつぼみも最後まで咲いてくれますよ。





パンジー図鑑みたい。かなり珍しい品種も含まれています。





この子たち、誰だか分かりますか???。



水色の子は忘れな草、ピンクのハートはルピナス、緑の花火はブプレリウム。



ラナンキュラスのラックスシリーズには他にも色があります。





中央の子。ブロンズのような赤のような…。本当にミステリアスで素敵でした…。



一体何の花と合わせたら?と思うかもしれませんが、春の花同士って何でも似合ってしまうような気がします。



そう、春の花にはルールを省いた『自由』が似合うのです。





このアレンジにもラックス系ラナンキュラスが。水仙の間のクリーム色の花です。



そうそうこのアレンジ、撮影現場ではムーミンハウスと呼ばれていました。



ホーホーフレーセントと呼ばれるスタイルのナチュラルアレンジです。私のお気に入り。