マンスリーアーカイブ


2015年7月31日

亜熱帯のような夏・・・・(汗)

涼しくて楽だった7月を過ぎたらすっかり灼熱の日本大陸。

東京の暑さから逃げ出し、北海道の馬たちに会いがてら札幌へ帰省してきましたが…。

33℃超えの北海道もなかなか暑い。



生まれて数か月のころからの友達「チモシー」。チモシーには青空と白樺が良く似合います。



暑かろうが雨だろうが雪だろうが、みんないつでもこうして牧草を食べているんですよね。




広々とした牧草地の香りやどこまでも広がるトウモロコシ畑、果樹園、馬たちとののんびりした時間に私の心もフレッシュに青々としてまた灼熱の東京に戻ってきました。

さすがの暑さに花たちもぐったりしがち。

そんな先週末の花教室には南半球のニュージーランドやオーストラリア出身の暑さに強いネイティブフラワーを選びました。




個性的な花材が多いので、花材のインパクトを引き立てるようにベースから手づくり。



そうして完成時たアレンジがこちら。



バーゼリア、アージェンタム、フィリカ、クルクマ、みんな名前もユニークです。

多くのネイティブフラワーは茎が固かったり、太かったり、枝のようだったり、いろいろな意味で丈夫なので生徒さんたちも扱いやすかったようです。

日頃優しい表情のエレガントな花たちを好む方々もぜひ、この暑い時期はネイティブフラワーでお部屋を彩ってみてください。