マンスリーアーカイブ


2010年9月08日

真夏のメリークリスマス

9月に入っても連日33度34度、真夏のような日差しにもなんだか慣れてしまった近頃です。先週のやはり、34度の真夏日私は日比谷花壇ウィンターカタログの撮影に立ち会っていました。



この暑さに、おそらく寒い地方からやってきたモミの木もびっくりしたことでしょう。このツリーは例年人気の商品で、オーナメントも添えて皆さんの元へお届けします。今年はカラフルなドロップ型のオーナメントでスタッフも大絶賛。スタジオにあった羊の木馬が良く似合います。



このスタジオは田町の運河沿いにあり、過去数回利用させて頂いていますがまるでパリのアパートメントのように素敵な空間です。アンティークのボトルや壁のフレームも可愛らしいだけでなくちょっと一癖あって大好きです。





この蝶は一体どこから・・・?南米とかアジアの熱帯地方をきっと飛んでいたのでしょう・・・。



プリザーブドのリースはここ数年人気でデザイナーズリースとしてカタログにも大きく載るのですが今年は温かみのあるローズカラーにしました。プリザーブドはとっても長持ち。クリスマス期間だけではなくもっと長期間飾って楽しんでいただきたいので赤と緑、ゴールドのいかにもクリスマス!という印象にならないようにデザインしました



ECサイト『花のある暮らし』ではツリーとのセットも販売予定です。



こちらは表紙となるローズボール。私の大好きなボルドーカラーのオールドローズ『ロワイヤル』、妖精がひょっこり中から出てきそうで神秘的なパープルの『リトルシルバー』、純白の八重桜のような『トゥモロービューティー』。バラの魅力は計り知れませんね・・・。



このローズボールがどんな風に表紙を彩るかは11月のお楽しみです!

2010年9月28日

秋の蓼科バラクライングリッシュガーデン

先週、蓼科バラクライングリッシュガーデンに行ってきました。



初夏には溢れるほどのバラのアーチは葉のツルだけになっていましたがそのかわりに大輪のダリアが見頃を迎えいたるところにダリアの小道が・・・。





そんな中、なんとも愛らしい驚きの光景に出会いました。



わかりますかぁ?誰かいますよね・・・。

そうなんです。親指姫ならぬ『アオガエル王子』です。顔を近づけても臆することなく無表情。お花の蜜を吸いにいろいろな虫が飛んでいたので、いっそのことたっぷりの蜜を蓄えた花の中でエサが飛んでくるまで待機!という事なのでしょうか?

後に続けと、花めがけて今まさに登ろうとしている子もいました。



何でしょうか、この愛らしさは。ダリアだけでなくこちらにも・・・。



ほら。



『アリスの不思議な国』の世界ですね。妖精まで現れそうです。

お昼は近くのスープ専門店、その名も『SOUP』さんでジャガイモのポタ-ジュのプレートディッシュをいただきました。



高原野菜たっぷりで暖かい味です。古い古民家を再利用した雰囲気のあるお店で、大きな猫ちゃんの歩き回るアットホームなお店でお気に入りです。

今回も、もちろんマグたちも一緒。マグの大好物、オオバコやクローバーで覆われた小道をずいぶんたくさん駆け回り終始ご機嫌でした。





マグのチャームポイントはハート型のお鼻です。

翌日は大雨、バッタくんがうらやましそうに室内を覗いていました。また紅葉の季節に、のんびりしに来たいと思っています。